自己破産の前にやってはいけないこと

スポンサーリンク

自己破産の前にやってはいけないこと

20万円の損?自己破産の前にやってはいけないこと #shorts
コロナの影響で借金が予定通り返せず、自己破産を検討している方も多いと思います。ただ自己破産の考えている方がやってはいけないこと、というのがあります。ざっくりトップ3をまとめましたが、詳しくは本編でどうぞ。自己破産予定者がやってはいけないことトップ3動画の感想...

4コロナの影響で借金が予定通り返せず、自己破産を検討している方も多いと思います。
ただ自己破産の考えている方がやってはいけないこと、というのがあります。
ざっくりトップ3をまとめましたが、詳しくは本編でどうぞ。

解説:
例えば消費者金融Aに90万円、友人Bに10万円借金があり、手元に10万円しかない場合、友人Bに10万円返してしまうと債権者平等原則に反します。
これを偏頗弁済(へんぱべんさい)といい、免責(借金をチャラにしてもらうこと)が認められない理由の1つとなっています。
ただし実務的には、動画で言ったようなことがあるから即、免責されないということではありません。
実際にはその行為の経緯や軽重、本人の反省の度合いを総合的に判断して、裁判官の裁量で免責されることがほとんどです。
ですがやらないに越したことはありません。
なぜなら調査のため、管財といって予納金(20万円~)が余計にかかる手続になるおそれがあるからです。
動画タイトルの「20万円の損」はこれを意味しています。

賃貸物件への入居をお考えのお客様に賃貸物件に入居する前に行なわれる審査についてご説明させて頂きました。

賃貸入居審査に通らないと希望の物件に住めません(:_;)皆様、しっかりと準備をして審査に臨みましょう!

久しぶりですね!
楽しみにしてました