個人融資 個人間融資の違いとは

個人融資 個人間融資の違いとは

スポンサーリンク

個人融資 個人間融資

個人融資とはその名の通り、個人が金融機関から資金を融通することです。
主に銀行などの金融機関や個人を対象とした小型のキャッシングなどがあります。

個人間融資とは、このような金融機関からの借り入れではなく、個人と個人の融資で間に仲介会社が入るものです。
個人間融資を仲介する会社はでていきています。海外では定着している方法ですが日本も銀行・消費者金融に続くもうひとつの選択肢として広がっていくと考えられます。

スポンサーリンク

個人融資とは

個人融資向けの借入先は色々種類があります。個人融資の口コミなどでの評判が高いのは住信SBIネット銀行で金利の低さが魅力的となっています。
金利が5.5%?10.0%という低さで最大で500万まで借りれます。ネットでいつでも確認できるという利点もありますがアルバイトやパート収入の人は利用できない制限もあります。
次に人気なもはアコムです。アコムの金利は7.7%?18.0%となっていて最大300万円まで借りることができアルバイトやパート・主婦でも借りることが可能となっています。全体的にサポートが整っているため人気で安心できます。

スポンサーリンク

個人間融資とは

個人融資で最近注目をあつめているものは消費者金融などの借入先から個人がお金を借りるというものではなく個人と個人で行う個人間融資というものです。
maneo株式会社が仲介にはいっておこなわれネット上のオークション形式となります。貸し手が借り手の希望金利よりも低い金利で入札を行うというもので何人もいる場合は金利が低い人が落札されるという仕組みになっています。成立後は借り手も貸し手もそれぞれmaneoに手数料を1.5%支払うことになります。
メリットは金利が安くすむということですがデメリットとしては借り手が返済を延滞したりすると最終的に債券回収会社に委託するのですが回収金額よりも低い金額が分配され出資した金額が戻ってこないことがあるかもしれないということです。

個人融資向けの借入先

個人融資向けの借入先はこの他にもたくさんありネット上で申し込みが全て完了してしまうところ、クレジット機能付きのカードにできるところなどさまざまで何かうりにできる内容をもっています。
こういった大手の借入先は信用できて安心ですが消費者金融を名乗った詐欺が多発しているため東京都は個人融資の詐欺被害に注意するようよびかけ個人融資詐欺のことを貸します詐欺と名前をつけて発表しています。

個人融資詐欺とは

個人融資詐欺とは存在する消費者金融会社を名乗って金利を1%などとかなり低く設定しており融資金額も通常の倍以上借りれるようになっています。

雑誌の広告やダイレクトメールでの勧誘が多くその内容の魅力からだまされてしまうと数々の手数料という名目でお金を振り込むことになってしまいます。

詐欺ではなく存在している消費者金融会社はダイレクトメールなどでの勧誘はしていないので間違っても信用してはいけない。

【コラボ】プロ金貸し「SNSの個人間融資は絶対にやってはいけない!」