債務とブラックリスト

債務とブラックリストの関係。任意整理や自己破産をするとブラックリストに載ると言われますが返済が滞るとリスト登録されます。完済していても弁護士による過払い金の請求が難しいケースも。多重債務とブラックリストを恐れ審査の甘い所からの融資には注意。

スポンサーリンク

ブラックリストに載るかどうか

ブラックリストにご自分が載るかどうかは、支払いがいちばんのポイントです。
滞っていなくて順調に支払いつづけている人は何の問題もありませんし、ブラックリストに載ることもないでしょう。
でありますが、支払いが滞ってしまっている方は、今後、任意整理で債務を支払うか、自己破産して支払わないか、これらが問題になってきます。

自己破産をした時、ブラックリストに登録されるといわれます。そして今後は借り入れができないようになります。
でありますが、これらのブラックリスト入りは、おそれることはないのです。
良く考えてみれば、自己破産まで行った方は、そこにたどり着くまで、返済を滞納しているでしょう。
ですので、既にブラックリストに氏名が載っていると言ってよいと思われます。
カンタンにいえば、自己破産するか、しないかで、悩んでいる方が、ブラックリスト入りを心配する必要はないということです。

ブラックリストに載ると過剰融資が予防できる

ブラックリストは、破産の記録が残れば、過剰融資を防止することができます。
ですので、借金をくりかえしている人にとっては、リストに載り、借りられなくなったほうがよい時もあります。
ギャンブルクセが強く、常に借金をしてしまって、年中、返済に追われておられる人はひとつの疾患です。

返済に苦しむこというものは、ご自分は自業自得でしょうが、家族や親族の人は大変ですよね。
借金がこれ以上、できなくなるというこというものは、返ってラッキーなことかもしれません。
ただ、ブラックリスト該当者を対象として、審査の甘い闇金融とよばれる業者もあるようです。
そういう所は、足元を見て、金利が相当高くなっています。
それにもかかわらず借りる人がいて、社会問題にもなっています。

一度ブラックリストに載ってしまったらどうなるか

いちどブラックリストに載ったらローンも組めないという心配をしている人も多いと思われます。
たとえて言うと、住宅ローンの時、自己破産場合の債権者以外の銀行ならば、10年後にはローンを組めるといわれています。
ですので、説明してきましたように、ブラックリストに載りたくないために、自己破産したくない、債務をすべて支払うというのは、間違っているのではありませんか?
結果的にいえば、ブラックリストに載るこというものは、必要以上に拒絶することではないと思われます。
 
でありますが、中にはどうしてもブラックリストに載りたくない、という人もいるでしょうね。
そのような方のために、債務と返済と、ブラックリストに載る情況をご説明したいと思われます。

ブラックリストに載っていると過払い金は請求できないのか?

最初に債務を全て完済している時はどうでしょう。
支払いが全て終わっておられる人の時、支払いが滞っているパターンではありません。
ですので、ブラックリストには載りません。
しかし消滅時効があるので、完済してから10年のうちに、弁護士に依頼する必要があります。
完済してから弁護士に依頼すると、ブラックリストに載りません、これらのために一生懸命、完済する方もいます。
完済するのは当然、よいことでありますが、たくさんのお金をいっぺんに工面するのは相当、大変なことですよね。

そして、過払いを回収したいのですが、連帯保証人になっている人に迷惑をかけたくないため、先に借金を完済してから、弁護士に依頼する方もいます。
でありますが、これらの方法は問題が多いので、完済する前に弁護士に相談することの方がよいといわれています。
 
そして、弁護士が受任通知を出す前、債務者ご自分が取引履歴を取り寄せ、過払いを計算してから,弁護士に依頼するパターンもあります。
ほかにも、弁護士に頼最初にご自分で過払いの返還を請求する、これらの方法を行った時、ブラックリストに載りません可能性もあるといわれています。
ブラックリストに載りませんよう、弁護士が受任通知を出さず、過払いの返還請求をするパターンもあります。
これは、速やかに支払いがない時、訴訟になりますが、このような方法もあるのですね。

債務整理とブラックリスト

それから、信販会社などでは、弁護士が受任通知を送っただけでは、リストに載せないということもあります。
すべてがそうだとは言えませんが、ブラックリストに載せない所もあるのですね。
たとえて言うと、弁護士から受任通知が到着しても、利息制限法に従ったコストで、和解が速やかに成立した時がそうです。
引き続き、支払いをしてもらえるパターンはブラックリストに載りません。

ですので、弁護士に債務整理を頼む、イコール、ブラックリストに載る、という考えは間違っているといえるでしょう。
そして、ブラックリストに載ることで、デメリットは何かを考えたら、斬新な借り入れができないことでしょう!
それほど悲観することではないと思われます。

【借金持ち必見】債務整理で信用情報ブラックになっても5年以内に回復することが判明wwww【実体験】