不動産賃貸|退去時にぼったくられない方法

スポンサーリンク

不動産賃貸|退去時にぼったくられない方法

不動産賃貸仲介のトップセールスマンが語る、退去時にぼったくられない方法

退去時のクリーニング代について詳しく解説します。
トラブルに関するご相談についてはコメントして頂けますと幸いです。
順次お答え致します。

2年前にアパートを退去した際、悪質な立ち会い業者がきました。
壁紙の小さなシミを指差し、「これは壁紙抜けて壁まで染み込んでそうですね?。こうなると、通常の清掃では駄目で、壁紙全部剥がして壁清掃しなきゃいけないんですよ。」と言い出しました。
ちょうど最後に運び出した家具の影で気づいてない部分だったので、返事代わりに雑巾で壁を擦ったところ、きれいにシミがなくなったので「染みてなかったですね?」と言ってやりました。
その後ムキになったのか、しつこく窓枠のパッキンにカビが生えていると言い「清掃で落としきれなければ窓枠ごと交換なので数万は覚悟してください」と。そこは入居時からカビていて、管理会社にも報告済みだと言っても聞かず、合計18万くらいの修繕費にサインを求められました。
内容に同意できないので管理会社と話すまでサインできないと拒否すると「サインするまで退去が完了しないので、完了するまでの家賃と管理費はあなた持ちです。あなたの都合なので、恐らく日割りじゃなく全額ですよ。いいんですか?」と、最後には脅し言葉。
結局、管理会社に電話して管理会社で内容確認をするまでサインできないと宣言し、業者に帰ってもらいました。当然、管理会社からは修繕費ゼロで敷金は通常のクリーニング費を除いた差額が戻ってきています。
女性一人で退去する際は、お気をつけください。長文、失礼しました。